« 河口湖 ハーブフェスティバル ラベンダー開花状況(2) | トップページ | 河口湖 ハーブフェスティバル ラベンダー開花状況(4) »

2010年6月16日 (水)

河口湖 ハーブフェスティバル ラベンダー開花状況とハーブ(3)

Fujimisuumi

昨日の富士山です。

撮影場所は河口湖大石地区のはずれ、「かざき」という所です。

今日の河口湖は、朝方非常に荒れていました。

風も強く、雨も激しく、蒸し暑~い空気が漂っておりました。が、現在は雨もやみ、富士山の山肌が雲に見え隠れしています。

一昨日、河口湖ハーブフェスティバルの会場のひとつ、大石公園でラベンダーフェスティバル用のテント張りが行われていました。

ハーブフェスティバルにむけて、準備は着々と進んでいます。今週末には開催ですからね~。

現在、大石公園のラベンダーは1部~2部咲き程度。気温が安定して高くならなかったので、開花は少し遅れ気味です。でも、花つきはいいようですよ。

Rabenderfuji

上の写真は、大石公園から撮りました。ラベンダーの向こうに富士山、という構図なんですが、ベストポジションのラベンダーは残念ながら蕾の状態。でも、蕾は確実にふくらんでいます。

地元ですから、毎年ハーブフェスティバルに遊びにいくので、毎年必ず会場で買うものや食べるものがあります。ハーブフェスティバルがはじまったらご紹介しますね♪

さて、ハーブにちなんで、今日も河口湖のハーブをご紹介しましょう(o^-^o)

Sansyou

知っている方は知っている、知らない方は知らないと思いますが(当たり前か)、山椒です。ウナギにパパッ、とかける、アレです。

山椒は日本各地の野山に自生する和ハーブ。河口湖周辺は緑に囲まれたところですから、道端にだって山椒が生えています。

山の山椒、まさに天然物。

山椒の効能ってご存知ですか?

土用の丑の日にウナギを食べるのは夏バテ防止ですが、そのウナギに山椒がつき物なのもワケがあります。

山椒は昔から、胃を丈夫にしたり、胃腸の働きを助ける効果があると知られています。また、利尿や発汗を促し、代謝機能を助けるとも言われています。胃腸の冷え(内臓の冷え性ですね)を改善したりするそうです。大脳を刺激し、内蔵機能を活発にするというから驚きですね~ヽ(´▽`)/

冷たいものの食べすぎで弱った胃腸の働きを助け、体の内側を温めてくれる山椒。夏には欠かせない食材です。

また、最近知ったのですが、山椒の実は「目」に非常に良いとか。河口湖の特産品であるブルーベリーも目に良い食品として知られていますが、山椒の実も同じくらい、いや、もっと効果があるようです。

若い山椒の実を焼酎漬けにしたものを頂いたことがあるんですが、毎日ティースプーン一杯程度を薄めて飲むと、眼圧を下げたり、眼病の手術後経過がとてもよかった、というお話でした。

意外とあちこちに勝手に生えている山椒。

侮れないつわものですΣ( ̄ロ ̄lll)

※明らかに栽培している様子の山椒は採らないようにしましょう(笑)

|

« 河口湖 ハーブフェスティバル ラベンダー開花状況(2) | トップページ | 河口湖 ハーブフェスティバル ラベンダー開花状況(4) »

今日の富士山」カテゴリの記事

山梨県河口湖 季節の風景-夏-」カテゴリの記事

山梨県河口湖観光情報-夏-」カテゴリの記事

山梨県観光情報 美味しくお得なスイーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

花情報 in 山梨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121278/35295221

この記事へのトラックバック一覧です: 河口湖 ハーブフェスティバル ラベンダー開花状況とハーブ(3) :

« 河口湖 ハーブフェスティバル ラベンダー開花状況(2) | トップページ | 河口湖 ハーブフェスティバル ラベンダー開花状況(4) »